topimage

2017-10

寒露 - 2017.10.09 Mon


『寒露』

露が寒冷にあって凝結しようとするという意味で
秋の深まりを思わせる季節です
紅葉がみられ、渡り鳥がさかんになり、柿や栗が採れる時期

まだまだ昼間は暑いけど心地よい風が吹きます
朝晩冷え込むことも増えてきました

ちょうど今日京都の嵐山あたりを通ってきたら
もみじが色づいてきてました

吊るし柿も赤くなってきてるので採り始めてます
畑の丹波栗は今年収穫2回目ですが昨年同様大きな実がなりました

IMG_5009.jpg

そして今年のお米は粘りが強くとっても美味しいです!!!
秋は実りが多く食欲が止まりません
困ります・・・^ ^;

***

今週末10/14・15(土・日)出店です
「のとじまてまつり」です
石川のみなさん是非是非遊びにきてください

出店番号は83番と84番です
↓↓↓
『のて』


IMG_5014.jpg


私のおともだちも会いに来てね~
先月ついに念願のケイタイ生活を卒業したので
ケイタイ連絡はできませぬ
これ見たら遊びに来てね~
^ ^ノマッテルヨ~

やすしもがんばってまーす!
天気は雨予報!
前もってわかってるなら開き直るのみですね。
外れますように☆



スポンサーサイト

秋分 - 2017.09.19 Tue



オシロイバナ。
おとなりのあつこおばあちゃんに株をもらいました
夜に咲く花
朝早くにまだ咲いているのをカシャっと


もうすぐ秋分です
昼夜の長さがほぼ同じになる日で
この日を境に日が短くなり、秋の夜長に向かいます

オシロイバナさんもこれから咲く時間が長くなるかもね♪


IMG_4970.jpg

今年の稲刈りが終わりました
いつもこの時期忙しく稲刈りもバッタバタのままはじまってたんだけど
お米作りも少しは慣れてきたのか
段取りよく作業をすすめられて落ち着いてできました
1年1年の積み重ねです
進歩したなぁ^ ^

IMG_4983.jpg

IMG_4980.jpg

IMG_4995.jpg

朝霧がたちこめる中
涼しい風と高い空
無数の赤とんぼと
渡り鳥たちの羽根の音

体で秋の気配を感じながら
とてもゆっくりと楽しんで稲刈りができて最高でした♪

米作りできることに感謝

おいしいお米になあれ~☆

白露 - 2017.09.07 Thu



IMG_4974.jpg

9月8日頃。白露=仲秋

草の葉に白い露が結ぶという意味。

野には薄(すすき)の穂が顔を出し、太陽が離れていくため

空が高くなる、など本格的な秋の到来を感じるころ。

朝夕の心地よい涼風に、幾分の肌寒さを感じさせる冷風が混じり始める。





我が家の稲の葉にも、朝露がついて田んぼ全体が白っぽく見えたり、カエルの声からスズムシの声

に変わり始め、涼風が心地よく部屋に吹いて、一年で一番好きな秋を感じ始めてます。


田舎暮らし始めてから、やることがたくさんあるのでそこまでゆっくりと

生活はなかなかできませんが、日常でたまに感じる自然現象の変化は

ほんとに心地よくて、いろいろと学ばされ続けてます。


日本人は太古から論理の上に感性を置く民族だと知り、

なんとなくその意味が分かるような、、、



夏の恒例のお庭の剪定仕事も無事終わりまして、

稲刈り前の最後の一仕事で、隣村のばあちゃんが、家の地蔵小屋がボロボロで

あんた作ってくれんか?って言われてたので、素人事でよければということで

作ってみました。

ひでおさん宅2



ひでおさん宅


たいそう喜んでもらえました☆




中秋の名月はあいにくの曇り空で隠れてしまい残念。

この雨あがれば稲刈り開始します!

今年もまたいい出来です☆

IMG_4975.jpg


処暑 - 2017.08.22 Tue


処暑
処は落ち着くという意味
暑さが落ち着いて収まるということです

IMG_4953.jpg

ここのところお天気が悪いのもあるのだけど
節気通り暑さが和らいできたかなぁと思います
稲の穂が黄色く色づいてきてます

*

お盆に石川に帰省したその足で
長野のガラス作家のかよちゃん家に遊びに行ってきました

とってもかわいい木造のお家で
標高1000mの高原の中にあり
高台で景色もよく遠くの山々が見え
木々が高く風が吹くとサラサラと気持ちのよい音を響かせ
鳥たちの声が静かに響く
ホンマにたまらない空間でした

IMG_4923.jpg

IMG_4932.jpg

IMG_4914.jpg

IMG_4921.jpg

クラフトイベントでは何度も会ってるけどいつも近況報告くらいしかできず
一度ゆっくりお話ししてみたいなぁと思ってたので
今回はお泊りまでさせて頂いていろんなことをたくさん語り合えたので
とても嬉しかったです
まだまだ話をしたいと思うほど魅力ある素敵な女性でした☆

作品の方もとっても素敵ですよ↓
サトウカヨ

たくさんの美味しい果物と食事と心地よい寝床を本当にありがとうです
田んぼの中の古民家生活から高原の山荘に行ってリフレッシュしました
とてもとても楽しい時間をありがとうかよちゃん

また『のて』で会いましょう (^ ^)ノ


***


IMG_4945.jpg

行ってみたかった戸隠神社
お天気もよく最高の参拝日よりでしたが・・・
残念ながら境内ワンコロはご遠慮くだされでした
バックに入れて知らずに入ったので
中社の天八意思兼命だけはお参りできたのでよかったとします ^ ^
奥社やその他の神様にはいつかまた会いに行きます

美味しい戸隠蕎麦も食べられたので満足でした☆


IMG_4954.jpg

うちの車庫の扉が完成しました
だんなはん手作りの折り戸です
古民家に合わせて雰囲気を壊さずできました
ご苦労様でした♪


立秋 - 2017.08.07 Mon



IMG_4847.jpg


朝夕が涼しくなり、秋の気配が立つ頃。

立春からちょうど半年が経過し、この日から立冬の前日までが秋。

暦の上では秋になりますが、日中はまだ残暑が厳しく1年で最も気温が

高くなる時期。

まだまだ夏のレジャーを楽しむころですが、

よく観察してみると秋の気配を感じだすころですね。

トンボが飛び回り、穂のついた稲が風に揺れて大地がうねりをあげ、

今年の実りを実感できる時期。


IMG_4893.jpg


IMG_4883.jpg


我が家では今年で、自然栽培4年目で、栽培方法もいろいろ試行錯誤しながらやってきましたが、

今年はJAはくいの栽培テキストを注文して、

なるべくテキストに沿った自然栽培に取り組んでます。

稲作7年目にして、やっと農協の伝える栽培法でお米作ってます(笑

地元の農協とはまったく関わってませんけどね。


このJAハクイ。

市と協力し農協で初めて無肥料・無農薬の自然栽培に力を注いでいて

育て方、自然栽培塾、販売などなど自分たちが苦労して作り出したさまざまな成功例をまとめ

全てパッケージングして全国に広めていこうとしています。

全国の農協もJAハクイのような自然栽培を取り入れた農業も考えてほしいものです。


無肥料・無農薬の自然栽培の食べ物はそのままほっといたら炭化して枯れる。

未熟な肥料、化学肥料、農薬で育った、スーパーなんかで売ってる野菜のほとんどは

ほっといたらドロドロになって液状化して腐ります。

有機肥料を使ったオーガニックと言われるものもです。

ヨーロッパでは日本の野菜やお米はすごく危険視されていて

東京オリンピックでは日本の米・野菜は食べてはいけないと言われてるそうです。

日本のお米は本当にとても美味しいのにもったいないですね。


ブッダ(お釈迦さま)のミイラの口のまわりに当時の米が炭化した状態でついてたそうです。

今の日本の米だと腐って溶けて後世には残らないでしょうね。。

日本の美味しいお米が後世まで腐らず残る日が来るのを願っております。


***

日本の農協で唯一「無肥料・無農薬の自然栽培」というジャンルを取り入れた

石川県羽咋市のJAハクイ。

奇跡のリンゴの木村秋則さんと、ローマ法王に日本の米を食べさせた男・高野誠鮮さんが

中心になって活動してくださり、

この薬まみれの日本社会に希望をもたらしてくれたことに

心から感謝と敬意をはらいます。

***


IMG_4871.jpg


IMG_4896.jpg


IMG_4895.jpg


夏の亭主は平日は造園業、週末は日曜大工、こんな日々が続き、

もうすぐガレージのドアが設置できそうです。



IMG_4855.jpg


台風5号がただいま接近中!みなさんご安全に!


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

cuzca HP




2017出店スケジュール

7/1(土)・2(日)
『A-line』
青森県青森市 モヤヒルズ

10/14(土)・15(日)
『のとじま手まつり』
石川県七尾市 能登島weランド

今年はこの2つのイベントだけです
是非遊びに来てください!!

最新の日記

カテゴリ

cuzca life (85)
夫のつくるもの (27)
妻のつくるもの (2)
古民家再生 (5)
お知らせ (20)
クラフトイベント (34)

月別アーカイブ

最新のコメント

yasushi(ヤスシ)


なんでも自分で作れちゃう
頼りになる夫

asiko(アジコ)


超がつくほど
おっちょこちょいの妻

居候

makelele(マケレレ)


いつもゆる~い老犬

過去のblog






*




メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム